文字サイズ 
文字の大きさを通常に戻す 文字を拡大する
| HOME | アクセス | お問い合せ |

お問い合わせ
看護部へ
広報なつめ

新着情報

看護部長あいさつ

 藤原記念病院の看護部は、病院設立の動機である「地域のための医療」の基本理念にもとづき、つねに患者さまの立場に立ち、親身になって寄り添った看護の実践に努めております。
 患者さまへの看護をとおして、職員みずからもやりがい、達成感を得ることができています。
 これからも、より一層、看護職員個々が「患者さまにとって良い看護とは何か」を常に考え、地域の方々へ安心と満足を提供できるよう努力していきます。
そのためにも、職員が笑顔で活き活きと働ける環境づくりをいたします。
看護師募集 詳細はこちら  【付属保育所完備】

看護部の理念

わたしたちは地域の病院としての役割を自覚して、患者さまに満足して いただける看護を提供します。

基本方針

1.豊かな人間性を養い、患者さまを中心において、あたたかい言葉と思いやりをもって接します。
2.自己研鑽に努め、看護の質を向上させ、科学的根拠のある看護を提供します。
3.各部門との信頼関係を築き、チーム医療を円滑にし、看護の機能と役割を果たします。

教育目的

   豊かな感性を築き、患者さまの立場に立った看護ができる看護師の育成をめざす。
 

教育目標

・看護過程にそって、看護ケアを実践できる能力を身につける。
・安全・安楽な看護技術を身につける。
・リーダーシップ能力を身につける。
・レベルアップのため、自己啓発に努める。


教育プログラム


新人研修プログラム



 


3階病棟−看護師−

プリセプティ:浅野 舞子

誰に相談したらいいか迷った時、少しでも自分の成長が感じられた時、まずはプリセプターの方に相談・報告に行く。
そんな頼りになる存在です。
入職して半年間、仕事の流れに乗るようになるまで、たくさんの方に基礎から教わってきました。そのおかげもあって外回り・部屋持ちができるようになり、少しずつ周りが見えるようになってきました。
これからもナースとして成長できるよう日々努力していきたいです。



プリセプター:鈴木 優

日々の看護の中で、患者さんから、そして先輩達からたくさん学ぶことが多いと思います。
一つ一つその学びを吸収し、浅野さんの持ち前の優しさを生かし、患者さんへより良い看護を提供しましょう。
いきいきと仕事ができるよう一緒に頑張っていきましょう。



3階病棟−看護補助者―

プリセプティ:安倍 舞子

初めての病棟勤務に戸惑いや不安がありましたが、日々の業務の忙しい中、プリセプターの高橋さんをはじめ看護師の方々、看護補助者の先輩方に一から分かりやすく丁寧に仕事を教えていただき、とても感謝しています。
患者様の立場を第一に考え、発言や行動に気をつけ、笑顔を絶やさずに自分の仕事にしっかり責任を持ってこれからも努力し頑張っていきたいです。



高橋 優子(看護師)

3階病棟は寝たきり患者さんが多く、体力も使います。
他病棟とは違い、看護補助者の夜勤もあります。
覚えることも沢山あり、患者さんの療養の場とあって大変で不安もあると思いますが、3階病棟のスタッフとして皆で頑張っていきましょう。
また、プリセプターとして未熟な私ですが、安倍さんが楽しく仕事できるようにサポートしていきたいと思います。



プリセプター:海老沢 礼子(看護補助者)

毎日真剣に仕事に取り組む姿を見て、頼もしい仲間が増えたことをとても嬉しく思っています。
一日も早く3階病棟に慣れてもらえるように、私も精いっぱい頑張ります。



<外来>
私たち外来看護師は、地域の皆様が安心して診察が受けられるように、24時間体制で日夜頑張っています。患者様をはじめ、ご家族の方々へ心をこめた看護を提供できるよう、スタッフひとりひとりが思いやりを持ち、専門職としての役割を持って働くことを目指しています。また、資格取得者として秋田県糖尿病療養指導士1名、日本リウマチ財団 リウマチケア看護師1名がおり、それぞれ専門性を生かしています。
スタッフは中堅からベテランまで、個性豊かな人材がそろっており、十分な経験、技術を持ち多様な場面で能力を発揮しています。

師長 金澤 寿子



もう20年、入職した頃はまっすぐ前だけを見ていた。10年でやっと180度の視点で。今、20年目を迎え少し余裕を持って物事を考えられるようになった気がする。
同期それぞれが様々な気持ちを抱きオーストラリアへ。
やはり思いはエアーズロック登頂!
前日まで雨、登頂は無理かと不安になったが当日朝の天候は晴れ!
風もなく気温は42℃。奇跡的に登山可能となった。40〜50度の急な傾斜を300m登り山頂となる。暑くて怖くて途中で投げ出そうと思った。それでも山頂を目指した。7時30分から登り始めて9時に山頂へ到着。この厳しい登山が20年の歳月と重なった。達成感と感動で何かが込み上げてくるのを感じた。
「良かった!!」満足感でいっぱいになり、20年間の思いがスーと消えた。
「まだまだこれからも頑張れる」と思った瞬間だった。

4階病棟 師長:加賀谷 みどり


ママさん看護師:永見真実子
付属の保育所があったため、職場への復帰時はすぐに入所でき働くことができました。スタッフの中にも当院の保育所を利用している方も多く、親しみやすさを感じています。
保育所はとてもアットホームで優しい先生たちばかりです。
そのおかげで、子供は元気に過ごしており、私自身も仕事に専念でき安心して働くことができています。

ママさん看護師:大川 佳奈江
保育所の先生方は皆さん明るくて、帰りが遅くなったり、急な予定変更があっても笑顔で対応していただき本当に助かっています。子育ての悩みを相談しても親身になって聞いてくれます。子供も先生が大好きで楽しく通っています。


バレーボール部 主将 リハビリテーション科:冨木 和男

当院のバレーボール部は平成11年に同好会からスタートし、翌年にはバレーボール部として認められ活動を開始しました。
練習は木曜日、2時間ほど楽しみながら行っています。
最初はなかなか勝てませんでしたが、病院対抗バレーボール大会では全県大会で優勝するまでになりました。また、旧天王町時代から毎年開催される9人制、6人制バレーボール大会にも出場しています。
バレーボールを通して地域の方々と交流を深めることができ、貴重な機会だと思っています。私たちと一緒にバレーボールを楽しみましょう。
お待ちしております。


施設見学 いつでも 受け付けます。
ご連絡は看護部長まで。お問合せこちらから


〒010-0201 
秋田県潟上市天王字上江川47
TEL 018-878-3131 FAX 018-878-6900
Copyright(C)藤原記念病院 All rights reserved.